【気になること】だって続くか分かりません

最終更新日時 : 2021年11月6日

「そろそろうちの子、習い事させたいなぁ…」

私自身も我が子に習い事を!と思った時に、色々悩んだものでした。

 

本人に聞いてみても、なんとなくその場のノリで答えているような気もするし…

私が勧めるものには、あんまり響かない様子だし…

そもそも飽きっぽいし、続くか分からないし…

 

ネットで探せば探すほど、段々自信がなくなってしまうのでした。

習うのは子供なのに、なぜが私の方が諦めてしまう。

自分から作ったきっかけで、何かを始めたり環境を変えるというのは結構勇気がいります。

 

ピアノの習い事は、

ピアノの楽譜を手にしたら、おうちで練習しなければいけません。

…という事は、おうちに電子ピアノなどを置かなければいけないということ。

気になること1つ目は、ピアノ何処に置くの?問題です。

 

やっとの思いで勇気をだして体験レッスンへ来たけれども、

ピアノよりも先生のおうちが気になって

肝心の本人はあっちへチョロチョロ、こっちへチョロチョロ…

先生の言うとおりに動かない我が子に、あーもうイライラ!

気になること2つ目は、飽きっぽくて続かなそう…問題です。

 

体験レッスンも終盤。

先生から教室のお話などを聞き、家庭で毎日練習するよう言われてしまった。

送迎だけしてれば良い訳じゃないのかぁ…毎日忙しいのになぁ。

水泳とかの方がラクそうだなぁ…。

気になること3つ目は、親の方が自信ないです!問題。

 

他にも問題はあるでしょうが、書き出してみると

ピアノを習うということは、他の習い事よりも少し敷居が高いような…?

 

でもご安心ください。

2つ目のチョロチョロさんについては、だいたい1か月もすれば飽きてきますから心配ありません。

また、毎日会う親や学校の先生以外の大人に注意を受けることは、新鮮でありお子さまの成長にもつながります。

 

もちろん、毎日練習していたら指の運動神経がどんどん良くなるので早く上達します。なので「毎日」と

言っていますが、本当は週に2回でも3回でも4回でも…何回でもいいのです。

でも、そう私が言ってしまうとその内「忙しいので1回も出来ませんでした」が日常になってしまいます。

「忙しかった」が通用するようになると、子供のさぼり癖は止まりません( ;∀;)

そうなる前に、毎日歯を磨くのと同じように、タイムスケジュールにぜひピアノを組み込んで欲しいのです。

練習は裏切りませんから、必ず結果がでます。

 

私が解決できないことは「ピアノ何処に置くの?問題」

この1点だけは、ご家庭で解消していただきたいです。

 

 

 

実はですね、すでにさぼり癖がついてしまった生徒さんもいます。

すぐに「忙しかったのー」を連呼。

そんな子に私は「え?それって忙しいからトイレに行かなかったってのと同じだよ?」と伝えます。

「今1分間で2回弾けてたね。トイレ1回分で2回弾けるわ!毎日2回弾くくらい大したことないじゃんね!」と。

生徒さんは「ホントだー、ゲームしてる方が全然長いわー(´∀`)」と。

楽しく話して納得したと思いきや、次週にはだいたい忘れるという…。

私の所にきてくれたからには、練習不足でも進度に時間がかかってもお引き受けしますが …練習は計画的に!笑

 

 

新しい生徒さん募集中(^^♪

月曜日:満席

火曜日:満席

水曜日:15:30~16:00  ・  16:45~17:30間  空いてます☆ぜひ来てください

木曜日:満席

 

体験レッスン所要時間 45分程度

体験レッスン料金 1000円

体験レッスンご入会の流れは、レッスン案内をご覧ください。

入会金はありません。テキスト・ノート代は別途お願いしております。

お問合せおまちしております(^^♪

 

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


トラックバック URL

https://tonton.magechan.com/2021/10/13/834/trackback/

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。